注文住宅は見積りしてから賢く買おう!チェックポイントを紹介

お客さんを挨拶しているマンションのスタッフ

注文住宅の打ち合わせをして、安易に建築契約請負書を交わしてしまうのはトラブルの元です。
建築の途中で話が違うじゃないか、ということになってしまうこともあります。
注文住宅にかかる費用をきちんと見積りしてからどこに依頼するのかを決めた方がトラブルなく家を建てることができます。

注文住宅を依頼する時には、同じ工法で建てた時に見積もりがどれくらいになるかというのを比較することが、堅実に購入することができるコツです。
工法はそれぞれ会社によって得意不得意がありますし、見積り金額は結構変わります。
それでもどこを見てどの会社が良いのかを決めるのはなかなか難しいものです。
どこで決めたら良いのか、チェックポイントについて押さえておきたいと思います。
まずは本体工事費と付帯工事費というものに大きく分けられています。
本体工事費というのは建物を建てるのにかかる費用のことです。
付帯工事費は建物以外の工事にかかる費用です。
例えば庭の工事などが付帯工事費に入ります。
項目は細かく分かれていますが、素人ではわからない単語も含まれてきます。
そういった場合にはきちんと担当者に聞いて理解しておくことが必要です。

〇〇一式と書かれていた場合には仕様項目の詳細を確認しましょう。
仕様項目の詳細がわからなければ、取りやめてコストを削れるのか、仕様変更できるのかということが判断できません。
予算を調整するためにはとても重要なことになります。
詳しい説明を求めても説明してくれない時には、ぼったくられるのかもしれないという危機感も必要です。

できれば詳細が記述されている見積りの方が安心できます。
きちんと説明をして、隠していることがないということです。
詳細まで記述されているかどうかもチェックポイントになります。
含まれていない項目に関する諸費用も忘れてはいけません。
見積もりに書かれているものだけで家に住めるのかというとそうではないのです。
含まれていない項目は様々あって、家具家電は当然ですが外構工事や照明など、沢山のものが含まれていないのです。
しかもこれらだけでも大体300万円はかかってしまいます。
なので、見積り以外の諸費用として、他に300万円は最低でも多めに見ておかなければいけません。
それについても記述もしくは説明がある場合には、信用しても良い会社ということになります。

他にもチェックしておきたいのが値引きされているところです。
ほんの少しの値引きであれば問題ありませんが、高額な値引きがされている場合には理由を尋ねるべきです。
場合によっては始めから高額に設定しておいて、値引きをすることによって、適正価格にしたのに安くなったかのような演出をしていることもあるからです。
決して安直に喜ばずに理由を尋ねるようにしましょう。

関連記事